母さんじゃなきゃダメなんだ あらすじ シリーズ3

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!3 ~夏休み・前編~【シリーズ3】あらすじとレビュー

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!3 ~夏休み・前編~【シリーズ3】のあらすじはこちら!

 

朝、・・・コンコンとドアをノックする母。

「起きなさい祐一。朝ごはん冷めるでしょ!?」

母は、夏休みになってなかなか降りてこない祐一にしびれを切らしたのだった。

 

だがそれは祐一の計算通りだった。祐一はさっそく近づてきた母に抱き着いて離れない。

祐一の股間はもうビンビンになり、はたから見ても分かるほどだった。

「口でいいからしてよ・・・」

 

仕方なく祐一のチ○ポをしゃぶってイかせようとする母・・・。

だんだんと気持ちよくなってきた祐一は母の頭をつかんで根元に引き寄せる!

「んんっ・・・母さん・・・イく・・・イくよっ・・・」

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

「母さん・・・飲んで・・・」

(んっ・・・すごく・・・濃い・・・💛)

いわれるまま精○をのみほしてしまう母。そしてその濃さに驚くのであった。

 

祐一に小言をいって会社に行く父。だが祐一は朝食をすませて早速ゲームをしてしまう。

ゲームの邪魔をするように掃除機をかける母。しかし祐一は母の尻に欲情し尻に顔をうずめる!

ガマンできない祐一は母のジーパンをずらしてパンツの上からチ○ポをこすりつける!

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「こら・・・ちょっと・・・やめなさい・・・」

「母さんのお尻・・・柔らかくて気持ちいい・・・」

「それにすぐ射○ちゃいそう・・・で、射○るぅ・・・」

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

服を精○まみれにされた母は着替えるが、そこで昔の水着を見つける。

祐一に見つかる前に水着になるが、やっぱりというか見つかってしまう。

だがその姿を見た祐一は感動し、母子で海に行くことに・・・。

 

海に到着すると別クラスの同級生に出くわす。そこで母子で海水浴に来ていることを馬鹿にされる。

だが母の姿を見て勃ってしまいもじもじするが、それが面白くない祐一・・・。

しかも周りのギラギラした視線も気に入らない祐一は母を強引に引っ張って人気のない場所に移動する。

 

そこでムラムラした祐一は早速、母の胸にむしゃぶりつきお○んこに手をいれる!

「あいつら、母さんをおかずにオナニーするんだ・・・くそっ・・・」

「ああっ・・・ダメ・・・」

 

祐一は母の股間にチ○ポをこすりつけて、挿入していい?とおねだりする。

「い、一回だけよ・・・」

母は水着をずらして、そして立ちバックでお○んこにチ○ポを入れさすのであった。

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「声がでちゃうから・・・もうちょっと押さえて・・・」

「こんな風にガンガン突けるのは俺だけなんだ・・・!?」

祐一は興奮しきって全く母のいうことが耳に入らない。

 

「膣内に・・・射○しちゃダメ・・・」

「あっ・・・あっ・・・ダメ・・・」

「母さんのカラダは・・・全部・・・俺のものだ・・・!?」

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

イったばかりなのにまた腰を振り出す祐一。もう母の言葉が届かない。

しかも口でイかせたり胸でこすったりと、イかせても物足りず何度もせがむ祐一。

結局、海水浴に行ったのに海に入ることがなかった母子であった・・・。

 

「祐一・・・もう・・・許して・・・」

この日、日が暮れるまで二人は狂ったようにセッ○スをしまくった。

ヤられまくって、ぼーっとしている母だがそろそろ帰る準備をする二人。

 

立ち上がると腰が痛いと言い出す母。その姿勢はちょうど祐一にお尻を向けている状態だ!

また興奮してきた祐一は、マッサージしてあげるといって母に襲い掛かる。

夏休みが終わるまでカラダがもつかどうか心配する母であった・・・。

 

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!3 ~夏休み・前編~【シリーズ3】 レビューと見どころ解説

 

夏休み早々、何かをやってくれる祐ちゃんです♪まず部屋で母親を待ち構えるとか策士ですね(^^)

待ち伏せしたかいがあって母がくるのですが、抱き着くとはこちらも想定外です♪

そしてフ○ラで抜いてもらうのですが、祐ちゃんのは濃いんですよね笑

 

その濃いっていっている母の顔がなんともセクシーでこれはヌキ確定ですね(*゚▽゚)ノ

しかも、抜いてもらっているにもかかわらず掃除機をかけている母に欲情する祐ちゃん(^Д^)

もう辛抱たまらず母のジーパンを脱がしてパンツだけにして、その上から尻ズリしてしまいます笑

 

しかしよっぽど気持ちいいのか、お尻の上からこすってイかせてしまう母は偉大です♪

ザー○ンまみれになって着替えるのですが、かつてブイブイいわせていた水着を発見笑

それを見てよろこんだ祐一はさっそく海に行くことを言い出して実現します。

 

そんな母子が産みに行って何もないわけがありませんよね?同級生やら野郎どもにエロい目で見られる母。

当人はピンときてないみたいでしたが、面白くない祐ちゃんはムラムラマックス状態に笑

人がいない場所までいってそこでハメまくり!ずっこんばっこんタイムの始まりです( ̄∀ ̄)

 

最初は一回だけという約束も関係なしってほどにパコパコしていますよね(´∇`)

その一回だけという表情の母の顔をもう一度みてみてください。なかなかそそるものがあります♪

ああいう、ダメといいながら快楽に堕ちていく感じがやっぱり興奮してしまうしポイント高いと思いますよ(≧∇≦)